[Home]

[法律サブノート トップ]

[副業関連記事一覧]

 

民法

 

                     第2編 物権

 

 

第2節 所有権の取得

239. @ 無主の(  )は(  )の意思をもってこれを(  )

するに因りてその所有権を取得す。

 A 無主の(    )は(  )の所有に属す。

240. 遺失物は、特別法の定むる所に従い(  )をなしたる後( 

   )内にその所有者の知れざるときは(    )その所有権を取得

す。

241. 埋蔵物は、特別法の定むる所に従い(  )をなしたる後( 

   )内にその所有者の知れざるときは(    )その所有権を取得

す。但し、他人の物の中において発見したる埋蔵物は(    )及びそ

の物の所有者(  )してその所有権を取得す。

242. 不動産の所有者はその不動産の(  )としてこれに(  )

したる物の所有権を取得す。但し、権原に因りてその物を付属せしめたる

(  )の(  )を(    )。

243. 各別の所有者に属する数個の動産が付合に因り毀損するにあら

ざればこれを分離すること能わざるに至りたるときは、その合成物の所有

権は(  )たる(  )の(    )に属す。分離のため(  )の

(  )を要するときまた同じ。

 

 

 

244. 付合したる動産につき(  )の区別をなすこと能わざるとき

は、各動産の所有者はその付合の気(  )における(  )の(  )

に応じて合成物を(  )す。

245. 前2条の規定は各別の所有者に属する物が(  )して(  )

すること能わざるに至りたる場合にこれを準用す。

246. @ 他人の動産に工作を加えたる者あるときはその加工物の所

有権は(  )の(    )に属す。但し、工作によりて生じたる価格

が著しく(  )の価格に超ゆるときは(    )その物の所有権を取

得す。

 A  加工者が材料の一部を供したるときは、その価格に工作に因りて生

じたる価格を加えたるものが(  )の(  )の価格に超ゆるときに限

り(    )その物の所有権を取得す。

247. @ 前5条の規定によりて物の所有権が消滅したるときは、そ

の物の上に存せる(    )もまた消滅す。

 A 右の物の所有者が合成物、混和物又は加工物の(    )となり

たるときは、前項の権利は爾後合成物、混和物又は加工物の上に存し、そ

の共有者となりたるときはその(  )の上に存す。

248. 前6条の規定の適用に因りて損失を受けたる者は第703条及

び第704条の規定に従い(  )を(  )することを得。

 

(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13) (14)

 

 * 条文の最新版等は下記を参照して下さい。

行政書士受験六法

(行政書士受験六法編集委員会・編) 東京法令出版

最新 宅建六法

(住宅新報社・編)  住宅新報社

行政書士試験六法

(行政書士試験研究会・著) 早稲田経営出版

宅建試験専用六法

(宅建ゼミ編集部・編) 佐久書房

ケータイ行政書士ミニマム六法

(水田嘉美・編) 三省堂

宅建受験六法

(不動産取引実務研究会・編) ビジネス教育出版社

行政書士試験合格六法

(コンデックス情報研究所・著) 成美堂出版

 

行政書士新六法

(法教育支援センター、週刊住宅新聞社)  週刊住宅新聞社

 **ご購入を希望される方は、こちら をご参照下さい。