[Home]

[法律サブノート トップ]

[副業関連記事一覧]

 

民法

 

                     第2編 物権

 

 

                          第3章 所有権

 

第1節 所有権の限界

206. 所有者は(  )の制限内において自由にその所有物の使用、

(  )及び(  )をなす権利を有す。

207. 土地の所有権は法令の制限内においてその土地の(  )に及

ぶ。

209. @ 土地の所有者は疆界[境界]又はその近傍において牆壁[障

壁]若しくは建物を築造し又はこれを修繕するため(  )なる範囲内に

おいて(  )の(  )を(  )することを得。但し、(  )の( 

 )あるにあらざればその(  )に立ち入ることを得ず。

 A 前項の場合において隣人が損害を受けたるときは、その(  )を

(  )することを得。

210. @ ある土地が他の土地に囲繞せられて公路に通ぜざるときは、

その土地の(    )は公路に至るため囲繞地を(  )することを得。

 A 池沼、河渠若しくは海洋によるにあらざれば(  )に通ずること

能わず又は崖岸ありて土地と公路と著しき(  )をなすときまた同じ。

211. @ 前条の場合において通行の場所及び方法は通行権を有する

者のために(  )にして且つ囲繞地のために損害最も少なきものを選ぶ

ことを(  )。

 A 通行権を有する者は(  )あるときは(  )を開設することを

(  )。

212. 通行権を有する者は通行地の損害に対して(  )を(  )

ことを(  )。但し、(    )のために生じたる損害に対するもの

を除くほか(  )毎にその(  )を(  )ことを得。

213. @ 分割に因り公路に通ぜざる土地を生じたるときは、その土

地の(    )は公路に至るため(    )の所有地のみを通行する

ことを(  )。この場合においては(  )を(  )ことを(   

 )。

 A 前項の規定は土地の所有者がその土地の一部を(  )したる場合

にこれを準用す。

214.土地の所有者は隣地より水の(  )に流れ来るを妨ぐることを

(  )。

 

 

 

223. 土地の所有者は(  )の(    )と共同の費用をもって

境界を表示すべき物を設くることを(  )。

224. 界標の設置及び保存の費用は相隣者(  )してこれを負担す。

但し、(  )の費用はその土地の広狭に応じてこれを分担す。

225. @ 2棟の建物がその所有者を異にし且つその間に空き地ある

ときは、各所有者は他の所有者と(  )の費用をもってその境界に囲障

を設くることを(  )。

 A 当事者の協議調わざるときは、前項の囲障は(  )又は(  )

にして高さ(  )メートルたることを(  )。

226. 囲障の設置及び保存の費用は相隣者(  )してこれを負担す。

227. 相隣者の一人は第225条第2項に定めたる材料より良好なる

ものを用い又は高さを増して囲障を設くることを(  )。但し、これに

因りて生ずる費用の増額を負担することを(  )。

228. 前3条の規定に異なりたる(  )あるときはその(  )に

従う。

229. 境界線上に設けたる(  )、(  )、(  )及び(  )

は相隣者の(  )に属するものと(  )す。

230. @ 1棟の建物の部分をなす境界線上の障壁には前条の規定を

適用(  )。

 A 高さの不同なる2棟の建物を隔つる障壁の、低き建物を踰ゆる部分

また同じ。但し、(    )はこの限りにあらず。

231. @ 相隣者の1人は共有の障壁の高さを増すことを得。但し、

その障壁がこの工事に耐えざるときは(  )をもって工作を加え又はそ

の障壁を改築することを(  )。

 A 前項の規定によりて障壁の高さを増したる部分はその工事をなした

る者の(  )に属す。

232. 前条の場合において隣人が損害を受けたるときはその(  )

を(  )することを得。

233. @ 隣地の竹木の(  )が境界線を踰ゆるときは、その竹木

の(    )をしてその(  )を剪除せしむることを得。

 A 隣地の竹木の(  )が境界線を踰ゆるときは、これを截取するこ

とを得。

234. @ 建物を築造するには境界線より(  )センチメートルの

距離を存することを(  )。

 A 前項の規定に違いて建築をなさんとする者あるときは、隣地の所有

者はその建築を(  )し又はこれを(  )せしむることを得。但し、

建築箸手のときより(  )を経過し又は建築の竣成したる(  )は、

(    )の(  )のみをなすことを得。

 

(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13) (14)

 

 * 条文の最新版等は下記を参照して下さい。

行政書士受験六法

(行政書士受験六法編集委員会・編) 東京法令出版

最新 宅建六法

(住宅新報社・編)  住宅新報社

行政書士試験六法

(行政書士試験研究会・著) 早稲田経営出版

宅建試験専用六法

(宅建ゼミ編集部・編) 佐久書房

ケータイ行政書士ミニマム六法

(水田嘉美・編) 三省堂

宅建受験六法

(不動産取引実務研究会・編) ビジネス教育出版社

行政書士試験合格六法

(コンデックス情報研究所・著) 成美堂出版

 

行政書士新六法

(法教育支援センター、週刊住宅新聞社)  週刊住宅新聞社

 **ご購入を希望される方は、こちら をご参照下さい。