無資本から成功するための情報起業マーケティング入門

 

 

素人でも売れる「秘訣」とは?

しかし、おそらく最も気になるのは、「自分に売れる本なんて書けるのか」、「自分の書いた本に金を払って買ってくれる人なんているのか」ということでしょう。

これも結論から言えば、誰でも多少の努力と工夫で売れる本は書けるし、誰が書いた本でもお金を払って買ってくれるお客さんはいます。

ただし、言うまでもありませんが、どんな内容でも、ただ「書けば売れる」というものではないので、「売れる内容かどうか」の検討は慎重に行う必要があります。

私たちの考えでは、ただ単に「面白い」とか「共感できる」といった内容では、「お金を出して買う」という行動にまで人を駆り立てるには、ちょっと弱いかな、という感じがします。

内容が「面白い」とか「共感できる」に越したことはありません。しかし、「面白い」「共感できる」というだけの本なら巷にあふれていますので、素人が同じ土俵で勝負しようとしても無意味です。さらに、決して忘れてはならないことは、これはビジネスである(つまり、目的は「お金儲け」であって、「作品」を作ることではない)ということです。従って、重要なのは、「ビジネスとしての着眼点」に工夫して出来るだけ「競争相手を減らす」ことです。

 

 

文章の「面白さ」で勝負しようとするほど、この原則に反することはありません。何故なら、これでは「古今の大作家」を競争相手に回すことになり、とても素人に勝ち目はないからです。

では、具体的にどのような本であれば売れるかと言えば、それは次のような内容の本であると思います。

    読者に利益(できれば直接の金銭的な利益)をもたらす

    読者の差し迫った悩みの解決をもたらす

このような内容が含まれているなら、人は、多少高くても、お金を払って買い求めます。

ただし、読者に「金銭的な利益」をもたらしたり、読者の「差し迫った悩み」に応えたりする内容が直接に含まれていない文章であっても、使い方によってはビジネスになることがあります。つまり、ただ単に「面白い」とか「共感できる」だけの文章の場合も、本として直接に商品にはならなくてもその「宣伝文句」に使えることがありますし、「メルマガ」にして広告収入を得ることも可能なのです。

しかし、無料メルマガとして広告収入を得られるような文章でも、書籍した場合に全く売れなかったり、逆に書籍として高額で売れるのにメルマガにしても読者が集まらないような文章があったりすることは十分にあり得るので、「どんな文章が直接に商品になるのか」、「どの文章をどの媒体に載せるか」の見極めは重要なポイントになります。

ですから、「自分の書いた文章に人が直接お金を払うとは、どうしても信じられない」という方は、本を書くのではなく、メルマガを発行して広告収入を目指すというのも、一つの方法です。

次は、「売れるテーマ

「自分で売る」か、または・・・」に戻る

 

 

 

[リンク]

[HOME] [サイトマップ]

[電子書籍] [紙による書籍] [元本保証で、「必ず当たる」(!?)宝くじの買い方]

[このサイトを使って「起業」するには?]

 

 Affiliate Links

  Swiss Bank Directory, List of UK and other private banks

  Swiss Bank Account, Private Banking Account for Free